キャッシングについて調べてみた

ノーローンに代表される「何回キャッシングしても借入から1週間無利息」などというこれまでにはなかったサービスでキャッシング可能なというケースもあるんです。みなさんも、利息のいらない無利息キャッシングがどのようなものか確かめてみるのもいいと思います。

融資の金利がかなり高いところだって少なからずありますので、そういった大切な項目は、きちんとそれぞれのキャッシング会社が持っている特質を徹底的に調査・把握したうえで、自分に適した会社に依頼して即日融資のキャッシングを使ってみてもらうのが最善の方法ではないでしょうか。

たくさんあるキャッシングの申込するときには、一緒に見えていても一般的なものよりも金利がずいぶん低い、利子を払わなくて済む無利息期間が準備されているなど、多様なキャッシングの魅力的な部分は、それぞれの企業によって一緒ではありません。

カードローンを利用することのたくさんあるメリットのうちの一つは、時間を選ばず、返済可能なところですよね!あちこちにあって便利なコンビニのATMを使用してたとえ出先であっても返済可能だし、ネット上のシステムを利用して返済することまで大丈夫なんです。

一言でいうと無利息とは、お金を借りたとしても、完全に利息が0円の状態を言います。無利息キャッシングという名前で呼ばれてはいますが、もちろん借金ということですから期限を過ぎたものまで無利息のままで、借りたままにすることができるという意味ではないわけです。

Web契約というのは、誰でもできる簡単な入力だしとても重宝しますが、やはりキャッシングの申込は、どうしたってお金の貸し借りなので、内容に不備や不足、誤りがあった場合、クリアするべき審査がクリアできない場合もあるのでうまくいかない確率は、ゼロではなく、ほんのわずかに残されているというわけです。

スピーディーな審査で実現できる即日融資対応を希望しているならば、インターネットを利用できるパソコンであるとか、スマートフォンやガラケーを使って申し込むととても速くできます。カードローンの会社の準備したウェブサイトで申し込んでいただくことが可能です。

審査の際は融資を申し込んだ人が他のキャッシング会社からその合計が、年間収入の3分の1以上の貸し付けが行われていないか?あわせて他のキャッシング会社で、キャッシングのための審査をして、承認されなかったのでは?など気になる点をしっかりと調査しているのです。

勘違いかもしれませんが申し込み日にお金が入る即日キャッシングの場合は、きちんと審査が行われるとはいっても提出された書類の確認のみで、申込んできた利用希望者のことについてしっかりと審査されて厳しく判定していないに違いないなど、正しくない考えはないでしょうか。

どのキャッシング会社を選んで、借り入れるために必要な手続きをするケースでも、必ずその会社が即日キャッシングの対応で入金してくれる、時刻が何時なのかということだって大切なことですから、頭に入れてから借り入れの手続きをするべきなのです。

キャッシングを申し込むときの審査とは、キャッシングを希望している人自身が間違いなく返済可能かどうかの判断を下す大切な審査です。キャッシングを希望している人自身の1年間の収入などで、新規にキャッシングでの融資を承認してもいい相手なのか、そこを事前に審査しているということなのです。

金利の条件だけならカードローンの利息と比較すると金額的に多くなっても、少ししか借りなくて、短期間で返す気なら、審査がすぐできて全然待たされずに借金できるキャッシングによる融資のほうがきっと助かると思いますよ。

借りるということになったのであれば、金額は必要最小限、そして早く返済を完了することが大事なことを忘れないでください。利用すればカードローンは確実に借金なのです。だから借り過ぎてしまわないようじっくりと検討して使うものです。

【カードローンに対するイメージ】
まず、金利が高いというイメージがあります。一度、キャッシングの広告を見かけたときに、ふと思いついて返済額を計算したことがあります。あらかじめ計算していたら、借りるのが馬鹿らしいという気がしました。

また、カードローンやキャッシングは日々の買い物や生活費のために借りるイメージです。マイカーローンやマイホームローンと違い、借りるにあたって明確な使用目的や返済計画がないままに気楽な気持ちで借りるうちに、いつの間にか借金の額がふくらんで返済できなくなってしまうのではないかと思い、今まで利用を検討したことはありません。

カードローンやキャッシングでは一度に借りるお金はおそらく一万円から数十万円という少額なものだろうと思いますが、あちこちで借りていくうちに積もり積もって、大変な額になるのではないかと思います。

最近は借りるための審査も甘いですし、一度手を出したらずるずると引き込まれていきそうな気がして怖いです。自分に甘い人や、お金の管理に自信がない人は利用すべきでないというのが私の考えです。

また、少し前に、規制が強化されたため、主婦の私は借りることができないのではないかと思います。自分の所得がないので。おそらくこれからも利用することはないと思います。

ただ、光熱費や通販をクレジットカードで払うようになりました。以前はクレジットカードを使うのもためらっていたくらいなのに。クレジットやローンへのハードルが低くなっていることもたしかだと思います。

新たにキャッシングに事前審査をしてもらうよりも前に頑張って給料は安くてもパートくらいの身分の仕事にはついておいてください。当然ですが、就業年数は長期のほうが、事前審査の中であなたをOKに近づけます。

例えばCMでおなじみの無人契約機から、申込手続を済ませるというやり方もあるわけです。無人コーナーにある専用の端末だけで申込んでいただくので、一切誰にも会わずに、何かあったときにキャッシングをばれずに申込むことが可能ということなのです。

そういう意味ではとても便利なのかなとも感じます。お仕事していて、収入さえあればだれでも申し込みできるみたいですし。

20歳以上であれば学生さんでもOKみたいですね。【学生ローン

あまり若いうちから利用するのは良くないんだろうけど、困ったときには便利だろうな…って思います。

クレジットカードの使い過ぎ。

転職をしたことにより、年収が100万円近くダウンしてしまいました。
パワハラが原因で前の仕事を辞めざるを得なかったので、仕方がないことだと思います。

その頃の仕事はかなり高収入を得ていました。
ですからコスメやサプリメントも定期購入の契約をしていました。
ところがパワハラによって退職を余儀なくされてしまい、収入も減ってしまったことで自分の支出を見直さなければいけなくなったのです。
そこで定期購入をしているものを最低限のものだけに絞りました。
色々考えて解約をすることにしたのですが、これが結構面倒でした。
注文をする際にはオンラインで行うことが出来るのに、解約は大抵電話でオペレーターと直接話をしなければいけないのです。

しかし整理をしたことによって、出費もかなり抑えることができました。
クレジットカード引き落としだったので、最初の頃はいくらぐらいが引き落とされるのかも把握できていなかったのです。
ついついクレジットカードを使いすぎて、1か月の給与が全てクレジットカードの引去りになってしまった、ということもありました。
今までと同じペースで使っていたのではとても無理だと思いました。

貯金を切り崩して支払を行っていたのですが、それも限界を感じるようになりました。
クレジットカードを使う際にはいつ、何を購入し、どれくらい使ったのかということをメモするようにしています。
そうすることによって、クレジットカードの使いすぎを防止することができました。

転職の理由がパワハラだったため、現在加害者側と裁判で争っています。
そのための費用もかかりますし、まだまだ出費はかさみそうです。
本来であれば、和解を切り出すことが最善の方法なのに、何故か争う姿勢を見せているのも不思議だと専門家の方に言われました。
もしかしたら、裁判になったほうが弁護士には利益になるからではないか、ということらしいので、お金って本当に怖いものだと痛感をしています。

看護師として働いていて、今働いているところはなんせすぐにでも働かなくてはならなかったので選んだだけなので、今また今のところよりもお給料のいいところをサイトで探しています。

キャプラ看護ナビ

はやく落ち着いて生活がしたいですね・・・

 

派遣社員のカードローン利用について

実はキャッシング会社が一緒であっても、ネット経由でキャッシングしたときに限って、すごくうれしい無利息キャッシングを受けることができるというところもあります。キャッシングの申込や比較をするときには、特典が適用される申込のことも合わせて事前に調査をしておきましょう。

派遣会社で派遣社員として働いている人は多いと思いますが、派遣会社の人でもカードローンは利用できます。ちゃんと働いているわけですので、それに対する収入というのがあるはずですからね。

ここではそのカードローンの利用での注意点を紹介します。
これまでのキャッシングなどで、借り入れたけれども返せなかったなどの問題を経験しているのであれば、現在でもキャッシングの新規申込審査を通ってお金を借りていただくことは無理です。単純な話ですが、今だけじゃなくて今までについても評価が、しっかりしていないと認められることはないのです。

銀行による融資は、総量規制の除外金額なので、カードローンをお考えなら、出来れば消費者金融などは避けておくほうが正解だと覚えておいてください。簡単に説明すると借金の合計金額で、年収の3分の1までしか希望があっても、新しく借りることが不可能だという規制であり、最近よく聞く総量規制なのです。

当然カードローンの借りている額が増加すれば、やはり毎月返す額も、増えます。お手軽であっても、カードローンの利用をするということは借り入れをするということなんだという意識を持って、カードローンに限らず、本当な必要なときだけに抑えて返済能力を超えることがないようにするのが重要です。

有名なテレビ広告で有名になった新生銀行のキャッシングサービス「レイク」なら、パソコンからの申込に限らず、スマホからのキャッシング申込でも一切窓口を利用せず、なんと当日にお金を手にすることができる即日キャッシングも対応しております。

わずかな期間で、いくつもの金融機関とかキャッシング会社に対して、次々とキャッシングの申込の相談をしている人は、必要な資金の調達そこかしこで資金の融通をお願いしているような、印象になってしまうので、審査の過程で有利になることはありません。

とても便利なカードローンを利用するための審査結果によっては、すぐに必要としているのがほんの20万円までだという場合でも、融資希望者の信頼性の高さによって、特別な対応をしなくても100万円とか150万円といった高い金額が制限枠として希望を超えて設けられるなんて場合もどうやら本当にあるようです。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)、およびモビットなど、テレビやラジオなどのCMで毎日のようにご覧いただいている、メジャーなところでもピンチの時に頼りになる即日キャッシングが利用可能で、申込んだ日のうちに振り込んでもらうことが行えるのです。

キャッシングの審査というのは、キャッシングを希望して申込みを行ったあなたが月々返済できるかどうかの判断を下す大切な審査です。申込んだあなた自身の収入、勤務年数、居住年数の長さなどの情報を基に、自社のキャッシングを認めることが適切なのかを徹底的に審査しているのです。

ホームページからのWeb契約は、操作がわかりやすくすごく便利なものだと思いますが、キャッシングに関する申込は、絶対にお金が関係しているので、書き漏れや書き間違いがあれば、必ず通過しなければならない審査で認めてもらえない場合もあるのでうまくいかない確率は、残念ながらゼロではありません。
ノーローンが実施している「回数限定なしで、1週間は無利息でOK!」なんてすごく魅力的な条件を展開している業者もあるようです。チャンスがあれば、無利息でのキャッシングの良さを確かめてみるのも件名です。

よく見かけるのは、おそらくキャッシング、そしてカードローンだと思われるのです。キャッシングとカードローンはどんな点が異なるのという疑問があるというお便りが送られてくることが多いのですが、具体的には細かなところで、返済に関する計算方法が、ほんの少し仕組みが違うなど一般的には何の影響もないものばかりです。

いざというときにキャッシングとかカードローンなどで、資金の融資をしてもらって借金ができちゃうのは、少しもおかしいことはないのです。この頃は女性しか利用できないキャッシングなんておもしろいサービスだってありますよ。

その他にも派遣社員の方でも利用できるカードローンはいくつかありますので、専門のサイトを確認してください。※専門サイト⇒カードローン派遣社員

何種類かあるうちのどの関係の会社においてハンドリングしている、どんなカードローンなのか、などの点についても確認が必要な点です。メリットは何か、デメリットは何かということを知っていただいてから、あなたの状況に合うカードローンをうまく見つけ出してください!

会社それぞれで、定刻より前に手続き完了の場合のみ、なんてことが決められています。すぐにお金が必要で即日融資が希望ならば、特に申し込みに関する時刻のことについても正確に確認しておきましょう。

借金を繰り返す人の理由。

わたしのはなしを聞いてください。これは私の後輩の話となります。

わたしは現在28歳の会社員です。わたしには中のよい二つ下の後輩がいます。わたしたちは高卒で入社をしているので知り合ってもう10年近くの仲と言えます。

本当に気さくで人付き合いもうまく、だれからも好かれるすばらしいやつでした。しかし二年前から、先輩や後輩から、お金を貸してくれとせびる光景を目撃されることがたたあったようなのです。

私自身も何度か催促をされたことがありました。20万円ほど貸してくれないかと言われたのです。

わたしは金の貸し借りはしないことにしておりました。金の貸し借りは人間関係も崩す、一番の元凶となってしまうと思っていたのです。

そして彼とは仲はよいですが、親しき仲にも礼儀ありと言う言葉のように、きつく指導もしました。それからもその後輩がお金の催促をしている噂は後を耐えませんでした。

本当に気になり、心配になったので、後輩から真実を聞きました。すると彼には300万円ほど借金があったようなのです。アコム、レイク、アイフルなどいろいろなところからお金をかりていて、2年ほどで300万ほどまできたようです。

支払い等ですぐに現金が必要な場合は即日でも借入のできる消費者金融でお金を借りて支払いをしたりもしていたそうです。

こんなところで借りていたそう・・・即日審査の消費者金融カードローン

全国に支店を持つような銀行系列の消費者金融なども、今どきは午後2時までの申し込みなら、即日融資に対応可能に体制が整えられています。一般的には、カードの審査に約2時間程度が必要とされます。
緊急にお金が必要で、加えて素早く返済できるキャッシングには、消費者金融会社が扱う低金利ではない無利息となる金融商品の上手な活用も、とても有意義なものになることでしょう。
自前の調査で、人気があってローンの審査をクリアしやすい、消費者金融業者を一覧にしたリストを作ってみました。やっとの思いで申し込んだのに、審査で失敗したら申し込んだ甲斐がないので。
端から無担保のキャッシングであるにもかかわらず、銀行並みに低金利を売りにしている消費者金融会社というものが数多くあるのです。そういう消費者金融業者は、ネットによって楽々と見出すことができます。
とりわけ考慮すべき点は、消費者金融にまつわる色々な情報を比較しながら検討し、全部返済するまでの予測を立てて、楽に返せる範囲の金額の堅実な借り入れをすることでしょう。

キャッシングにまつわることを比較しようと考えているなら、無論クオリティの高い消費者金融比較サイトから検索するのが無難です。結構、怪しげな消費者金融に誘導するような危険なサイトも見受けられます。
消費者金融でお金を借りる際に最も気になるのは金利全般についてですが、無数の口コミサイトを見てみると、それぞれの金融業者の金利や最適な返済方法などを、丁寧に書いているところがたくさん見られます。
自己破産してしまったブラックの方でも融資してくれる中小タイプの消費者金融会社一覧があったら、お金を借りたい時に役立ちます。せっぱつまった事情があって融資を頼まなければならない時、融資してくれるローン会社をすぐに見つけることができます。
一般の消費者金融業者では、無利息で貸し出す期間は結局1週間前後であるのに対し、プロミスの方は最大30日もの間、無利息という凄い条件でキャッシングを受けることができるというわけです。
初の借り入れで、どこが低金利かを比較することがベストのやり方ではない、と考えて間違いないでしょう。あなたの視点で第一に頼もしく、誠意のある消費者金融を選択することが大切です。

借り入れたい業者を選んでから色々な口コミを見ると、挙げてみた消費者金融系金融業者に入りやすいかどうかなどというようなことも、すぐにわかっていいのではないかと思います。
今の時代、消費者金融自体は街にあふれていて、どこに決めようか戸惑ってしまう人が多いと思われるため、ウェブ上や専門誌などで人気順のランキングという形などで有益な口コミを確認することが可能になっているのです。
通常のクレジットカードの場合、約一週間ほどで審査をパスすることができたりもしますが、消費者金融だと、仕事内容や平均年収なども調べられることになるので、審査の完了は1か月後とやや時間がかかります。
当日すぐの即日融資を望む方は、その日の融資が可能な時間というものも、申込をする消費者金融により違いがありますので、事前に再確認しておかなければいけません。
高金利である、との一人歩きしたイメージに支配されずに、複数の消費者金融を比較してみるのはいかがでしょうか。審査の結果や選んだ商品により、なかなかの低金利で借り換えに移行できる場合だって少なくないというのが現状です。

ギャンブルには手をつけない彼が借金をした理由は女だったようです。キャバクラ嬢つぎつぎと貢物を送っていたようです。彼はそのキャバクラ嬢を真剣に愛していたらしく、次から次へと高級なプレゼントを送っていたようなのです。

それからお金がないというと音信不通となり、店にもいったようですが、すでにやめていたようです。

どっかの下手なドラマやドキュメンタリー番組の再現VTRであるような話ですが、実際にこんなことが現実にもあるんだなと勉強になりました。

わたしは組合に頼んでみて、労働金庫さんに借金を一本化してもらうようにお願いしてみはどうかと提案をし、無事に完了して、現在は順調に返済しているようです。借金は半分以下となっていて、このままいけば完済できます。

 

 

 

お金に関してこういう経験をした

【父親が亡くなりお金の工面に困っています】

先月に父親を亡くしてから葬式関係のお金はなんとか銀行から事前におろすことができたので大丈夫でした。

銀行の口座が凍結されてしまうことは知っていたので、母親が急いで引き出しにいきましたが、その時に亡くなったことがわかってしまいました。

葬儀屋さんも金融業界は情報をあらゆる手段で情報を知ろうとしていると説明してくれたので仕方ありませんでした。

葬儀も終わり、当面の生活費は母親名義の銀行を利用すればよさそうですが、年金も減らされてしまうので、困っています。

父親の銀行口座にそこそこの預金がありますが、相続人が確定しないと凍結が解除できません。そこでいろいろ調査を始めましたが、父親の戸籍謄本を取り寄せることから始めました。

母親1人では心細ないので、区役所にいき申請書に生誕から亡くなるまですべてを記載して提出すると、関連する戸籍謄本を得ることができました。

それですべてかと思っていましたが、生まれたところにある市役所の戸籍謄本も必要であることがわかりました。

現在郵送で取り寄せしているところですが、これで終わりかどうかよくわかっていません。ネットや詳しい人に教わりながらしていますが、複雑で困ってしまいます。

これから香典返しもしなければなりませんが、相場では香典の半額らしいのですが、何にすればよいのか母親と相談しながら進めています。

四十九日後なので少し余裕がありますが、名簿の整理をしながら、誰が来てくれた、誰がまだかなとかいいながら父親の交友関係をあらためて見直しています。

母親も疲れていますが、現在2時間ほど離れたところに住んでいるので、毎日実家にいくわけにもいきません。

休日には買いものをしていきますが、小遣いからだしているので苦しいところもありますが、元気をだしてもらえるよう栄養のあるものを買うようにしています。

【やっぱり貯金ができないことについて悩む】

やっぱり「お金の悩み」と言えば、貯金ができないことについてですね。
いや、浪費癖によって「貯金ができない」などというものじゃないんですよ。浪費癖によって、お金を貯金に回せないのでしたら、「そりゃあアンタの怠慢やろー」と、うちの親でもツッコミを入れてくると思うのですが、しかしそうではないのでこうして悩んでいるわけです。

もう、ずばりと言ってしまうまでもなく、身入りが少ないので貯金ができないのですよね。つまりは、毎月いただける給料における余剰分がありませんので、貯金に回すことができないのです。

まあ、私が「貯金」と、まるで己がカニであるかのように言い出したのも、それもこれも子どもが生まれてからですね。いや、決してイヤな意味合いではいっていません。

わが家はできちゃった結婚ではなくって、計画妊娠&出産ですよ。ですから多少の貯金はしておりました。けれども、子どもが生まれるとこれまあ可愛くって可愛くって…。

ですからこそ、子どもが将来希望する進路に進ませてあげたいですし、その前に子どもが希望する習い事もさせてあげたいし…で、その結果今こうして「貯金はしたいものの、貯金ができない」という悩みに突き当たっているわけです。

将来の学資を少しでも多く確保しておきたい気持ちはあるものの、けれども「子どもがやりたい習い事」を叶えてあげたいという気持ちもありますので、今現在の出費に対応していたら、あまり貯金に回すことができないわけです。

とは言っても、ボーナスぐらいは貯金にまわしてはいるのですが、しかしママ友の話を聞いていると、毎月10万円以上を貯金にまわしているママもいるわけで…。正直、羨ましいと思ってしまいますね。そしてまた悩むわけです。

ママ友の中にはお金を借りている人もいるみたいなんですよ。俗に言う個人向けカードローンというので借りているみたいです。主婦でも借りれるのか?っていうことに関しては私もいまいちよく分かりませんので≪専業主婦・主婦でも借りれるカードローンは気軽に使っちゃダメ!≫このサイトを見てみてください。詳しく書かれていますからね。

ネットキャッシングに関しては下で開設しておきます。

それにしても、主婦ながらお金を借りないとやっていけないというのはちょっと辛いというか、何かパートでも始めた方がいいかもですよね。パートを始められない何かしらの問題があるのかもしれないですけどね。

【ネットキャッシング】

融資を申し込んだ方が貸したお金を返せるかどうか詳しく審査して結論を出しているのです。契約に従って完済するに違いないという結果が出た時のみ対象として、審査を終えたキャッシング会社は貸付を認めてくれるわけです。

いざというときにキャッシングを使ったりカードローンを使ったりして、必要なお金の貸し付けを受けることでお金を貸していただくってことは、全然ダメなことではありません。悪いことどころか昨今では女性のみ利用可能なちょっと変わったキャッシングサービスもみなさん使っていますよ!

キャッシングは、銀行系などで扱うときは、よくカードローンと紹介されたりしています。広い意味では、貸し付けを依頼した個人の方が、消費者金融(サラ金)とか銀行などいろいろな金融機関から借入を行う、数万から百万円程度までの少額の融資のことを、キャッシングという場合が多いのです。

ネット環境さえあれば、消費者金融が行う頼もしい即日融資をすることができる、可能性が多少あるのです。可能性という言葉になったのは、融資を受けるためには審査があって、それに通れば、消費者金融で即日融資を受けられるということが言いたいのです。

即日キャッシングをするためにキャッシング会社に、必要な資金の融資のお願いをするとしても、お願いするその会社が即日キャッシングで取り扱ってもらえる、申し込み締め切り時刻についてもきちんと問題がないか確認してから融資の契約をするということが重要です。

何らかの事情で、借入から30日以内に返済可能な金額までの、キャッシングを利用するときには、新規融資から30日の間は金利がいらなくなっているとってもお得な無利息キャッシングによって融資を受けて見ると言うのも一つの選択肢ですね。

新たにキャッシングに審査してもらうならその前にどうしても契約社員とかパートくらいの仕事を探して就職しておくべきなのです。また当然のことながら、その会社での就業は長期間ほど、審査を受ける場合にOKを引き出す要因にもなります。

通常は、定職についている大人なら、事前に行われる審査で落ちるようなことはほぼ100%ありえません。身分が不安定なアルバイトとかパートの場合でも問題なく即日融資を実行してくれる場合がほとんどだと言えるでしょう。

近年どこからでもインターネットによって、先に申込めば、キャッシングについての審査がさっと出せる流れの、非常に助かるキャッシング会社も見られるようになっていますので助かります。

原則的にはカードローンやキャッシング会社では、初めてで不安があるという方をターゲットにした無料のフリーダイヤルを整備済みです。ご相談をいただくときには、あなた自身の過去と現在の勤め先や借り入れの状況を全て正直に伝えるようにしてください。

「新規融資のための審査」という難しそうな単語を聞くと、非常に大変なことみたいに思っちゃうかもしれません。しかし心配はいりません。実際には会社ごとに決められている項目について確認するなど、申込後は全てキャッシング業者側で片づけてもらえます。

実はほとんどのカードローンというのは即日融資だってOK。ですからその日の朝新規にカードローンを申し込んで、審査に問題なく通ったら、午後から、カードローン契約による新規融資を受けることが可能になっています。

ウェブサイトなどで人気の即日キャッシングについての記事について様々な紹介がされていますが、その後のきちんとした流れなどのことを載せているページが、少ししかなくてなかなか見つからないという現状に悩んでいるのです。

キャッシングにおける事前審査とは、申込んだあなた自身の返済能力の有無に関する結果を出すための重要な審査なのです。融資を希望している人の勤務状態や年収によって、キャッシングでの貸し付けを実行しても大丈夫なのかを徹底的に審査するわけです。

キャッシングによる融資を希望していて迷っているのなら、とにかくきちんとした準備が絶対に欠かせません。もしもあなたがキャッシングを利用することを決めて、必要な申込をしていただくことになったら、ポイントになる利子も事前に把握してからにしましょう。

極限生活の中から救ってくれた友

友人から借金をしたことがあります。
なぜお金を借りなければならなくなったのかというと、生活に困ってしまったので仕方なく貸してもらったという感じです。

当時私は県外で仕事をしていました。
幾らかの貯金はありましたがアパートを借り、様々な支払いを済ませ、生活に必要な家具や家電等を揃えているうちに貯金のほとんどを使い果たした状態でした。

スタートの時からすでに貯金のほとんどを使ってしまっておりましたが、仕事をすればお給料も入ってくるわけだし何とかなるだろうというふうに考えておりました。
最初の頃は週払いというような制度もあったのでその制度を利用しておりました。
ところがいざ仕事を始めてみるも入ってくるお給料の額よりも出て行く出費のほうがかさみ生活が圧迫、贅沢などほとんどしていなかったのに毎月赤字の状態でした。

そこから数ヶ月が経った頃に、バイクで事故に遭ってしまいしばらく病院に通わなければならない生活が続き仕事を休まないといけなくなりました。
保険会社からのお金は少しはおりましたが、家賃などを支払うことができないほどに生活は困窮していきました。

親を頼って実家に戻ればよかったのですが、実家のほうも生活はギリギリで私の面倒など見る余裕はないということはわかっていたので頼ることもできず精神的にも金銭的にも追い詰められた状態が続きとうとうアパートの方を出なくてはならなくなりました。

その間に、友人の家に1ヶ月ほど世話になり生活などを共にさせてもらいました。いつまでもそこにいるわけにはいかないので、事故の経過が良くなってきた時に再出発費用として20万円その友人からお金を貸してもらいました。

家で寝泊まりさせてもらえただけでもありがたいのに、生活のための費用を貸してくれると思っておりませんでしたので本当に今でも頭が上がりません。
それからは、身を引き締めて働き返済を数ヶ月かけて済ませ生活の方も安定してきました。

極限状態から私を救ってくれた友人に感謝です。